虫歯以外でも歯のトラブルは歯医者に相談をしよう|デンタル情報局

歯医者の情報を得る

歯ブラシ

昔と比べ現代は口の中の健康を気遣う人が増加しています。
これは人間が元気に活き活きと毎日を過ごす為に口腔内の健康は非常に重要というとが広く浸透してきたためで、口の中から健康を目指そうという方のためにいろいろなケアの方法が考えられています。
たとえば、歯科は歯が痛くなったら通うところというイメージ持つ方も少なくないかもしれませんが、現在は定期健診や治療済みの歯のメンテナンスなどに力を入れる歯科が目立つようになってきています。
患者は定期的に通うことで日常のブラッシングで取りきれずに残ってしまった汚れをクリーニングしてもらうことができますし、口の中の状態を確認してもらうことができます。
問題が起こってから対処するのではなく、トラブルが起こる前に対策をとるというのが現在の主流となっているのです。

このような口の中の衛生状態を守ることを仕事とする人はたくさんいます。
まずはなんといっても歯科医師でしょう。
歯科医師は患者の口腔内を総合的に観察して、歯肉や歯などにトラブルが起こった場合にはそれを治療するという大きな役割を担っています。
また、同じ歯科の中で活躍する歯科衛生士も現在大きな役割を担っています。
医師の補助だけでなく、患者の口腔内が健康を維持できるよう歯石などを除去したり、生活習慣に関するアドバイスやブラッシング指導をします。
また、長い間寝たきりの生活をしている方の歯を守るために看護師も活躍しています。
自分でブラッシングできない患者に変わり歯磨きをしたり、歯肉炎を予防・改善するための対策をとったりします。